본문 바로가기
NEWS & THESIS

武寧王陵近くの百済古墳で「中国建業人製作」の文字レンガ発見

by taeshik.kim 2022. 1. 27.
반응형

무령왕릉 인근 백제고분서 '중국 건업인 제작' 글자 벽돌 발견
박상현  / 2022-01-27 09:33:23
국립부여문화재연구소 확인…"중국 남조 영향 더욱 명확해져"

 

 

무령왕릉 인근 백제고분서 ′중국 건업인 제작′ 글자 벽돌 발견

(서울=연합뉴스) 박상현 기자 = 백제 왕릉과 왕릉급 무덤이 모여 있는 충남 공주 무령왕릉과 왕릉원 고분에서 ′중국 건업(建業) 사람이 만들었다′는 글자를 새긴 벽돌(전돌)이 나왔다.건업은 42

k-odyssey.com

 

 

武寧王陵近くの百済古墳書「中国建業人製作」の文字レンガ発見
国立扶余文化財研究所「中国南朝の影響はより明確」

(ソウル=聯合ニュース) 朴相炫記者= 百済王陵と王陵級の墓が集まっている忠清南道の公州武寧王陵と王陵園で「中国建築業人が造った」という文字が刻まれたレンガが発見されました。

建業は420年から589年まで中国の南に建てられた南朝の都城であり、南京の昔の地名で、武寧王陵と周辺のレンガ墓が南朝の影響を受けて築造されたことをより明確に立証する重要な遺物と評価されています。

国立扶余文化財研究所は27日、昨年の発掘調査を行った武寧王陵と王陵院29号墳の入り口を閉鎖するのに使ったレンガを調べ、蓮花模様の半分のレンガ側面で「造此是建業人也」という字を確認したと明らかにしました。

このフレーズは「これを作った人は健業人です」と解釈される。

 



国立扶余文化財研究所は「建築業人という文字を通じて制作者が外部の人である中国の南朝出身であることを把握することができ、レンガと墓の築造に南朝が影響を及ぼしたという点も明らかになった」と強調しました。

研究所は、29号墳の近くの6号墳で過去発見されたまた新たな銘の文レンガを注目しました。 このレンガには「梁官瓦為師師」、または「梁宣以為師'」と判読される文字がある。

学界では名門の最初の文字である梁を南朝の国の一人である梁と解釈する傾向がありましたが、29号墳のレンガから南朝の首都である建業文字が明らかになり、南朝の技術者たちが百済のレンガ墓の製作に参加したという事実が明らかになりました。

国立扶余文化財研究所の関係者は「29号墳と6号墳の銘文レンガは書体と内容が類似していると推定されますが、さらに相互関連性を検討する」とし「29号墳のレンガの文字を3次元立体精密分析技法でも判読する予定です」と話した。

公州教育大学のイ·ビョンホ教授は「29号墳のレンガから『建業』という地名が確認されたことで、百済と南朝の中央勢力が交流したという点を知ることができた」とし「29号墳のレンガ文字を見ると、中国人が書いたようだ」と説明した。

 



続いて「南朝の人がレンガだけを作ったのか、それともレンガ墓全体を築造したのかについては依然として結論を下すのは容易ではない」と付け加えた。

名門煉瓦が墓の入り口から見つかったことについては「他の墓で使われて残った可能性がある、周辺にはまた別のレンガ墓がある可能性がある」と指摘した。

武寧王陵と29号墳は昨年の調査により、日本による植民地時代以降初めて内部の様子が明らかになりました。 墓室の壁には武寧王陵と1-5号墳のように割る石が使われたが、棺を置く棺台は武寧王陵や6号墳のようにレンガを敷いて作られた。

(終わり)

반응형

댓글1