본문 바로가기
NEWS & THESIS

高速道路工事中に発見し、羅州の前方後円墳遺跡を現地で保存

by taeshik.kim 2022. 1. 18.
반응형

고속도로 공사 중 발견, 나주 장고분 유적 현지 보존
송형일  / 2022-01-18 14:38:56
선형 변경 불가피…강진-광주 간 고속도로 준공 늦춰질 듯

 

 

고속도로 공사 중 발견, 나주 장고분 유적 현지 보존

(나주=연합뉴스) 송형일 기자 = 전남 강진-광주 간 고속도로 건설 공사 나주 구간에서 발견된 일명 장고분 유적이 그대로 보존될 것으로 보인다.유적 보존으로 고속도로는 선형 변경이 불가피해

k-odyssey.com

 

 

高速道路工事中に発見し、羅州の前方後円墳遺跡を現地で保存
線形変更は避けられない…康津-光州間高速道路の竣工が遅れる模様

(羅州=聯合ニュース)全羅南道·康津-光州間の高速道路建設工事、羅州区間で発見された前方後円墳遺跡がそのまま保存されるとみられる。

遺跡保存で高速道路は線形変更が避けられず、工事期間は最大2年ほど長くなる見通しだ。

18日、羅州市によると、文化財庁は最近、羅州市と韓国道路公社などに遺跡発掘調査による措置事項の公文書を送った。

 



文化財庁は公文書で、古墳を中心に周辺地域の景観が維持される範囲内で保存できるように事業計画を変更することにした。

栄山江流域及び西南海岸地域における特徴的な前方後円墳であるため、学術的な重要性を考慮した措置である。

文化財庁はまた、遺跡の重要性を考慮し、盗掘などで無断で毀損されないように保存策を講じるよう自治体に要請した。

道路公社はこのような文化財庁の措置により遺跡が発見された羅州市鳳凰面一帯の約4千㎡を現地保存することにした。

高速道路の線形は検討案によって少なくとも2.1kmから最大2.3km程度変更され、事業費も約95億~140億ウォンが追加で必要になるものと予想された。

 



線形変更により土地新規買い入れ·追加工事などで完工時点(2024年)も1-2年遅れるとみられる。

文化財庁は19日、埋蔵文化財分科委員会の審議を開き、長古墳遺跡保存案を最終的に決定する。

昨年12月、高速道路工事中に発見された同遺跡は、遺体を埋める墳丘の周辺は丸く積み上げ、前方には四角形の壇を設けた形をしている。

典型的な日本の古代の墓様式で、韓国では伝統楽器であるチャンゴに似ていて「長鼓墳」とも呼ばれている。

国内に知られた前方後円型の墓は計14基で、全羅北道·高敞(コチャン)を除けば、残りはすべて光州·全羅南道地域に分布する。

(終わり)

 

저 표지판 보니 울산문화재연구원이 나주까정 가서 발굴하는구나

 

반응형

댓글1