본문 바로가기
NEWS & THESIS

咸安古墳から5世紀の中国の青磁が発見されます。「南朝と交流の痕跡です」

by Herodopedia taeshik.kim 2021. 11. 13.
반응형

함안 가야고분서 5세기 중국 청자 발견…"남조와 교류 흔적"
지름 16㎝·높이 9㎝ 연꽃무늬 그릇…"아라가야 국제성 보여줘"

 

 

함안 가야고분서 5세기 중국 청자 발견…"남조와 교류 흔적"

(서울=연합뉴스) 박상현 기자 = 아라가야 지배층 집단 무덤으로 알려진 경남 함안 말이산고분군에서 5세기에 제작한 것으로 추정되는 중국 청자가 나왔다.가야 중심 권역에서 중국 청자가 발견

k-odyssey.com

 

 

 

카카오맵

당신을 좋은 곳으로 안내 할 지도

map.kakao.com

 

 

直径16㎝·高さ9㎝の蓮華文碗…「アラガヤ国際性を見せてください」

(ソウル=聯合ニュース) 阿羅伽倻の支配層集団墓であると推定される慶尚南道咸安郡末伊山古墳群で5世紀に製作されたものと推定される中国青磁が見つかっています。

伽倻の中心圏で中国の青磁が発見されたことは最初で、阿羅伽倻が中国の南朝と交流していたことから推測できる。 南朝は420年に東晋が滅びた後589年まで、中国の南に建国された国、宋、斉、梁、陳を意味します。

 



文化財庁と咸安郡は慶南研究院歴史文化センターが発掘調査を行った末伊山古墳群75号墳から口径16.3センチ、高さ8.9センチの最高級中国製青磁を発見したと11日、明らかにした。

お墓の主の遺体を置く埋葬主体部の西側遺物の副葬空間で確認された中国青磁は、内側と外側にそれぞれ蓮の葉8個を刻んだ。 凹凸彫りと浮き彫り彫りの両方を使って立体感が感じられる点が特徴で、完全な形をしています。

調査団は青磁について「5世紀宋代の青磁容器の代表的形態」とし「中国洪州窯で作られたことと推測され、中国出土品と比べても最高品といえる」と評価した。

青磁の製作時期は銘文に基づき、402年、474年にそれぞれ製作されたという事実が明らかになった中国出土品と比較して474年前後と判断しました。

 



調査団は「国内遺物の中には天安·龍源里古墳群とソウル·風納土城で出土した青磁と類似している」とし「百済文化圏に近い南原·月山里古墳群から中国製の鷄首壷が発見されたことはあるが、伽耶の中心圏域で中国青磁が発見された事例はない」と強調した。

続いて、中国の歴史書である南斉書の東南夷列伝に南斉に使臣を派遣して朝貢し、「報国将軍本国王」という爵位を受けた「加羅国王荷知」は従来知られていた大伽耶ではなく、阿羅伽耶王である可能性があると主張します。

中国の青磁が出土した末伊山75号墳は墳丘の直径20.8m、高さ3.5mです。 東西方向の長い石槨墓で、中央に売場主体部を置き、その両側に遺物の副葬スペースと殉葬者の空間を配置していった。

 



石槨規模は、全長8.24m、幅1.55m、高さ1.91mとなっています。 木槨の上に構造を補強するための木施設を造成し、11個の蓋石を載せて墳丘を築いています。

青磁以外にも大刀2点、鉄槍、鉄斧、金銅装飾矢筒、矢など多くの武器が発見されています。

鐙、鞍、旗挿しなどと、50点あまりの土器も出土した。

 



咸安郡関係者は「殉葬者の頭蓋骨の一部と歯も確認された、末伊山75号墳は阿羅伽耶の地位と国際性を示す遺跡」と話した。

(終わり)

반응형

댓글0